殺人未遂の疑いで自称高校生逮捕 トイレで男性の足刺す

[PR]

 商業施設のトイレ内で面識のない男性の左足を包丁で刺し、全治不詳のけがを負わせたとして、埼玉県警西入間署は29日、同県鶴ケ島市の自称高校生の少年(15)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。少年は容疑を認めているという。

 署によると、少年の逮捕容疑は29日午後0時50分ごろ、同市の商業施設「ワカバウォーク」内のトイレで、男性(53)の左足のふくらはぎを包丁(刃渡り約17センチ)で刺したというもの。男性の「刺された」という声を聞いた買い物客が110番通報した。男性はトイレの個室を出たところで刺されたとみられ、駆けつけた警察官が少年を逮捕した。男性は搬送時に意識があり、「突然刺された」と話していたという。

 男性は家族と買い物に訪れており、少年とは面識がないという。当時、トイレには男性と少年の2人だけがいたとみられる。

 署は詳しい動機などを調べる。