知事会、インド株の水際対策強化要請 接種の弾力運用も

新型コロナウイルス

森治文
[PR]

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が延長されるのを受け、全国知事会は29日にオンライン会議を開き、国への緊急提言をまとめた。「感染力が強いとされるインド株も各地で確認されている」として水際対策の強化を要請し、ワクチン接種の加速に向けた柔軟な措置も求めた。

 会議には43人の知事が出席。インド型変異株への懸念が相次ぎ、平井伸治・緊急対策本部長代行(鳥取県知事)は国の水際対策について、「英国株では失敗したと言われている」と指摘した。成田空港がある千葉県熊谷俊人知事も「検疫を通り越して感染者が出ている」と述べた。三重県の鈴木英敬知事は、英国ではワクチン接種を終えた高齢者にインド型変異株への感染が少なく、未接種の若者らに多いとの事例を紹介した。

 提言では、水際対策の強化▽入国者の健康観察期間中の所在把握▽疑い例の情報共有▽国の機関だけでなく地方でも変異株を洗い出せる検査体制の支援、などを国に求めた。

 ワクチンについても、7月以降の供給スケジュールや配分量、種類の早急な提示▽障害者施設の従業員や保育関係者、警察官らエッセンシャルワーカーへの優先接種、などを提言した。

 一般向け接種の加速に向け、居住地以外の職場や学校単位で接種できる措置を求める声も複数出た。大阪府吉村洋文知事は「大都市は大企業も大学も多く、職域接種のスキームを早急に示して」と述べた。(森治文)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]