自死した娘、直前の会話を後悔する母 立ち上げたNPO

有料会員記事

福冨旅史
[PR]

 10年前、長女(当時25)は自ら命を絶った。母親は助けてあげられなかった後悔を胸に、自殺予防に取り組むNPO法人を運営する。コロナ禍のいま、急増する悩み相談に耳を傾け続けている。娘のような思いはさせまい、と。

 「コロナを理由に解雇され、生活が苦しい」「巣ごもりが続いて相談できる人がいない。死にたい」

 広島市西区のNPO法人「小さな一歩・ネットワークひろしま」には昨春以降、こんな相談が相次いでいる。電話やLINEを中心に全国から寄せられ、1日平均で約150件。例年の倍だ。

 相談者は7割が女性。人と話す機会が減ってうつ病になったり、自宅にいる時間が増えた夫からの家庭内暴力(DV)に苦しんだりと、コロナ禍の前にはなかった内容が多いという。

 「コロナ禍で、心の不安を抱える相談者が増えた」。代表の米山容子さんはそう感じている。うなずきながら耳を傾け、1時間を超えても電話は切らず、「相手の気持ちが落ち着くまで、ゆっくり話を聞く」。その理由は、自死した長女の歩美さんに対する、後悔にある。

「話を最後まで聞いていたら」

 2011年4月。歩美さんは恋人との人間関係に悩み、うつ状態を伴う「身体表現性障害」を患った。大量の薬を一度に飲み、何度も病院に運ばれた。米山さんが身の回りの世話をする日々。歩美さんは口癖のように「死にたい」と言った。

 6月。大量の薬を飲んで、再…

この記事は有料会員記事です。残り724文字有料会員になると続きをお読みいただけます。