貸会議室を接種会場に TKP社長と首相が面会

[PR]

 貸会議室大手のティーケーピー(TKP)の河野貴輝社長は30日、首相公邸菅義偉首相と面会し、同社の会議室を新型コロナウイルスワクチンの職域接種の会場として無償提供すると説明した。面会後、河野社長が記者団に明らかにした。

 同社は都市部の駅前などを中心に、全国で貸会議室を運営する。河野社長は「できるだけ早く、企業単位で(ワクチンを)打っていくということを進めるお手伝いをしたい」と話し、自前の診療所を持たない企業に、無償で貸会議室を提供する計画を示した。河野社長によると、菅首相には「非常に喜んでいただいた」という。

 政府はワクチン接種を加速させるため、企業の診療所や産業医などを活用し、職場で接種ができる体制づくりを進めている。