• アピタル

トランプの町で接種ためらう住民 今は「死にたくない」

有料会員記事新型コロナウイルス

ペンシルベニア州フルトン郡=藤原学思
[PR]

 その地域を車で走ると、三つの旗が軒先にはためく様子が目につく。

 一つは南軍旗。1860年代の南北戦争で、南部連合が掲げた。奴隷制や人種隔離のシンボルとしてみられることも多い。

写真・図版
風に揺れる南軍旗(上)と警察への支持を示す旗=2021年5月19日、米ペンシルベニア州フルトン郡、藤原学思撮影

 二つ目は、白黒の米国旗に、警察の象徴である青色の横線が入っている。警官の命の大切さを訴えるもので、「ブラック・ライブズ・マター」に対抗する意味合いが強い。

 そして、前大統領への支持を示す「トランプ2020」。バイデン大統領の名を見つけたと思えば、「くたばれ」と書いてあった。

写真・図版
米ペンシルベニア州フルトン郡の中心部には、トランプ前大統領の大きな似顔絵が掲げられていた=2021年5月19日、藤原学思撮影

 ペンシルベニア州フルトン郡。昨年の大統領選で、有権者の85・5%がトランプ氏に投票し、州内67郡で最も割合が高かった。前回2016年(84・2%)をも上回った。

写真・図版
米ペンシルベニア州フルトン郡の目抜き通り。町は山に囲まれている=2021年5月17日、藤原学思撮影

 そんな「トランプの町」で、住民が「話題にしづらい」ことがある。新型コロナウイルスワクチンだ。

 米国では12歳以上であれば…

この記事は有料会員記事です。残り3611文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]