両陛下、植樹祭にオンライン参加

清水優志

 新型コロナウイルスの影響で、開催が1年延期されていた第71回全国植樹祭が30日、島根県大田市の三瓶山北の原であった。天皇、皇后両陛下は東京の赤坂御用地からオンライン参加になったが、青空の下、約950人が参加して式典を見守った。

 大会のテーマは「木でつなごう 人と森との 縁(えにし)の輪」。森林資源の循環が理念として掲げられ、両陛下が座る予定だった「お野立所(のだてしょ)」は、1971年に同じ場所であった植樹祭で植えられたクロマツを使うなどして設営された。

 式典では、創作ダンスや歌などで森の循環を表現した映像が流された。西ノ島出身の俳優、田中美佐子さんや、松江市在住の歌手、浜田真理子さんらが出演し、会場を盛り上げたほか、県内外から訪れた招待客らが広葉樹の苗木を植樹した。

 県民の代表として舞台に上がった大田市立志学中学校3年の品川聖奈さんは「ドングリから育てた苗の植樹などを通して、次世代に託すことや木を使う大切さを感じました。長い年月がかかっても木材としてみんなの役に立って欲しい」とメッセージを述べた。

 丸山達也知事は式典後、「県民のおかげでコロナの感染を抑えられたことでここまで実施できた」と述べ、無事に開催出来たことに安堵した表情を見せた。(清水優志)