実弾所持容疑で幹部を逮捕 岡山・倉敷の組長宅に弾痕 

[PR]

 岡山県倉敷市で30日、特定抗争指定暴力団神戸山口組系熊本組の組長(75)宅から弾痕のようなものが見つかり、県警は出頭してきた特定抗争指定暴力団山口組系杉本組幹部の河島秀之容疑者(58)=同県津山市=を、実弾1発を所持していたとする銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

 県警によると、30日午後6時10分ごろ、熊本組の関係者を名乗る男性から「組長の自宅に拳銃を撃ち込まれた」と通報があった。児島署員が玄関ドアに弾痕のようなものが複数あるのを確認。現場付近からは拳銃1丁が見つかった。けが人はいないという。

 間もなく倉敷署に河島容疑者が出頭。実弾のほか、拳銃のようなものも1丁所持しており、発砲への関与もほのめかしているという。

 県警は神戸山口組山口組の対立抗争が背景にあるとみて調べている。