• アピタル

誤って冷蔵庫に、ワクチン186人分廃棄 大阪の診療所

新型コロナウイルス

[PR]

 大阪市内の特別養護老人ホーム内の診療所で、新型コロナウイルスワクチンの保管方法を間違い、186人分を廃棄したことが分かった。市が1日発表した。

 市によると、5月31日に市ワクチン配送センターからこの特別養護老人ホーム内の診療所に、老人ホームの入所者と従事者向けに米ファイザー製のワクチン186人分を配送した。診療所職員が冷凍庫(零下15~同25度)で保管することになっていたのに誤って冷蔵庫(2~8度)で保管した。別の職員が保管方法の誤りに気付いて冷凍庫に移したが、ワクチンは再冷凍が禁じられており、廃棄することになったという。

 この診療所は6月1~7日にワクチン接種を予定していた。市は予定通り接種が行えるよう、ワクチンを改めて配送した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]