解任された博多阪急の前店長 セクハラやパワハラを認定

[PR]

 阪急阪神百貨店大阪市)が昨年12月、元常務執行役員で博多阪急の前店長(58)を解任し、社内の調査委員会が複数回のセクハラパワハラを認定していたことが分かった。同社は解任の公表時、「重大なコンプライアンス違反」との説明にとどめていた。

 同社は昨年11月、博多阪急の従業員から内部告発を受けて調査委を設置。前店長は2018年4月の就任直後から20年11月ごろ、飲み会などで女性スタッフの手を同意なく握ったり、従業員に「前は偏差値70の働き方をしていたのに今は30である」などの発言をしたりしたという。

 阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オーリテイリング大阪市)は「事態を重く受け止め再発防止に取り組んでいく」としている。