高齢者の予約受け付け拡充 「なぜ予約できない」不満で

新型コロナウイルス

本田大次郎
[PR]

 北海道旭川市は、75歳以上の高齢者向けコロナワクチン接種で予約がなかなか取れず、市民から不満が寄せられていることを受け、予約可能な接種日を8月までとし、1万人分の枠を確保、1~7日の間、集中的な受け付けを始めた。

 同市の75歳以上の高齢者は約6万3千人で、これで75歳以上の予約はすべて取れそうだという。接種日が8月と遅れることもあるが、市は「予約できないことに不安を抱える高齢者が多いので、予約してもらうことで、まずは安心してもらいたい」と説明する。

 旭川市での高齢者向けワクチン接種は、週末に行う集団接種と医療機関での接種の二本立て。市が受け付ける接種予約は、集団接種と、かかりつけ医を除く医療機関での接種分となる。予約受け付けは75歳以上から始め、毎週火曜に400~1600人分の予約を取っていたが、毎回15分~1時間で埋まっていた。

 「なぜ予約できないのか」との苦情が多く寄せられたため、市は予約体制を見直した。75歳以上でまだ予約できていないとみられる約1万人が速やかに予約できるよう、7日まで集中的に受け付ける。8日からは65歳以上の高齢者の予約も受け付ける。

 市では今後、集団接種の平日実施や町内会単位での接種を計画しており、高齢者接種の早期完了を目指す。(本田大次郎)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]