• アピタル

上皇ご夫妻ら、ワクチンを接種 65歳以上の皇族方6人

新型コロナウイルス

杉浦達朗

 上皇ご夫妻をはじめ65歳以上の皇族方6人が1日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した。上皇ご夫妻はお住まいの仙洞仮御所(東京都港区)で、常陸宮ご夫妻、寛仁親王妃信子さま、高円宮妃久子さまは皇居内にある宮内庁病院で接種した。関係者への取材でわかった。

 皇族方のワクチン接種は初めて。87歳の上皇さま、86歳の上皇后美智子さまを始め、皇族方では7人が65歳以上の優先接種の対象。97歳の三笠宮妃百合子さまをのぞく6人が接種したこととなる。

 皇族方は市区町村に住民登録がなく、一般国民のようにワクチンの接種券が交付されていない。宮内庁は、皇族方のワクチン接種について「政府の方針に従い、それぞれのご意向に沿って進めていく」とし、接種券が受けられない皇族方のワクチン確保は、厚生労働省東京都と調整するとしていた。

 常陸宮さまは上皇さまの弟で、華子さまとともに東京都渋谷区の常陸宮邸で生活している。信子さまはヒゲの殿下として親しまれた故・寛仁さまの妻で、麻生太郎財務相の妹。久子さまは故・高円宮さまの妻。(杉浦達朗)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]