「せめて規模感を…」明かさぬイージス試算、立憲が追及

有料会員記事

畑宗太郎、柴田秀並、成沢解語
[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(陸上イージス)に代えて、政府が導入予定の代替艦2隻の総コストが少なくとも9千億円近くと試算されていたことをめぐり、立憲民主党は1日、防衛省に対するヒアリングを行った。総コストについて、判明している分の試算だけでも示すべきだと求める声が相次いだ。

 総コストをめぐっては、防衛省が昨年11月に試算した内部文書があったことを朝日新聞が5月21日に報じ、その後、地方紙なども同様の内容を相次いで報じた。

 ヒアリングはこれらの報道を受けたもの。午前8時から衆院第一議員会館の会議室で約1時間にわたり行われ、代替艦の導入計画の中心を担う防衛省の坂本大祐・防衛計画課長が答えた。

 質疑の冒頭、国会でコストについて追及してきた重徳和彦氏が、代替艦の総コストを少なくとも9千億円近くと試算していた内部文書が存在するのかどうか尋ねた。

 坂本課長は「維持整備費トータルでいくらという数字を内部で出したことはない」とし、文書が存在するかは「朝日新聞がどういった文書を参照しているのかわからない」「存否もなかなかわからない」と明言しなかった。

 そのうえで、造船会社などから得た試算はあるものの「網羅的なものではなく歯抜けもあり、船をどのような設計にするかによっても数値は大きく変わる」と釈明もした。

 代替艦の予算は、これから本格的に組まれることになるが、現時点では、必要コストの規模感すら国会議員らに示されぬままだ。

 本多平直氏は「百歩ゆずって…

この記事は有料会員記事です。残り438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。