閉ざされた扉の前で 羽田空港のアート作品

嶋田達也
【動画】閉ざされた国際線前に置かれたアート作品=嶋田達也撮影
[PR]

 羽田空港第2ターミナルの南端。シャッターの前に楽器のような68本のホーンがさまざまな方角を向いて並ぶ。

 中からは不思議な音が。スズキユウリさんと、細井美裕さんのアート作品「Crowd Cloud」だ。日本語の断片を制御して流しているという。

写真・図版
羽田空港第2ターミナルに設置されたアート作品。後方のシャッターの向こうに新しい国際線施設がある=嶋田達也撮影

 日本文化を世界に発信する文化庁のプロジェクト「CULTURE GATE to JAPAN」のひとつ。同プロジェクトでは、全国の空港や国際クルーズターミナルにも、多様な作品を展開している。

写真・図版
ホルンからは不思議な音が聞こえてくる=嶋田達也撮影

 作品後方のシャッターの向こう側には国際線の施設がある。昨年3月、増便に向けて国内線に隣接して新設された。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で国際線は大幅に減便。わずか13日間で休止した。現在、国際線は第3(旧国際線)ターミナルに集約されている。

写真・図版
羽田空港第2ターミナルに設置されたアート作品「Crowd Cloud」=嶋田達也撮影

 国内線も減便が続き、作品に近い保安検査場は閉鎖中。周囲はひっそりとしており、美しい声がよく聞こえた。(嶋田達也)

写真・図版
羽田空港第2ターミナルの一部の保安検査場は現在も閉鎖されている=嶋田達也撮影