大坂なおみに必要な休息 記者が見た、テニス選手の孤独

有料会員記事

堤之剛
[PR]

 大坂なおみ日清食品)が記者会見の拒否をきっかけに、全仏オープンを棄権することになった。

 プロテニス選手の生活は過酷だ。トップ選手に上り詰めても、周囲を取り巻く環境は緊張感を強いられる。

 4大大会の試合後の記者会見ともなれば、世界中のメディアから多岐にわたる質問が飛ぶ。「東京五輪の大会組織委員会長の発言についてどう思うか」「試合前は何を食べたのか」「ライバルと思う選手は」

 英語に続き、日本語による矢継ぎ早の質問で、会見は30分近くに及ぶこともある。

 大坂がツイッターで訴えたように、自信や向上心をしぼませるような質問ばかりではないが、瞬時に機転の利いたコメントを求められる。自ら「シャイ」と語る大坂にとって負担に感じることもあっただろう。

 多くのスター選手のように幼少期から世界各地の大会で成績を残し、インタビューに慣れてプロになったわけではない。時に「ユーモア」と称される大坂の受け答えだが、それは照れながらもなんとか自らを奮い立たせて答えている、ように映ってきた。

 印象的なのは、大坂が会見場…

この記事は有料会員記事です。残り763文字有料会員になると続きをお読みいただけます。