死者は7日連続10人超 今なお北海道の感染状況厳しく

有料会員記事新型コロナウイルス

中野龍三
[PR]

 北海道に出されている新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が1日、延長された。5月16日に宣言が発出されて約2週間。新規感染者数は減りつつあるが、医療提供体制の逼迫(ひっぱく)は続いている。入院患者はまだ多く、死者は7日連続で10人を超えた。宣言の期限の20日まで予断を許さない状況が続く。

 1日の道内の新規感染者数は254人だった。5月24日以降、9日連続で前週の同じ曜日を下回った。この1週間の人口10万人当たり新規感染者数は52・92人。国の指標では最も深刻なステージ4の基準となる25人をまだ大きく上回るが、5月下旬の70人台からは減りつつある。

 札幌市などでの酒類提供飲食店への休業要請や大型店への週末休業要請の効果が表れてきたとみられる。一時は6割を超えた感染経路不明の割合(週平均)も33%に低下。市中感染の広がりには歯止めがかかってきた。

 ただ入院患者数はまだ増加傾向で、5月31日時点で過去最多の1113人。重症化リスクが高いとされる変異ウイルスは治療が長期化する傾向にある。新規感染者数が減少に転じても病床が空かず、治療にあたる病院の負担は重いままだ。

 患者数全体では、5月28日…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]