• アピタル

神戸市、国内未発見の変異株を確認 患者は渡航歴なし

新型コロナウイルス

鈴木春香
[PR]

 神戸市は1日、市内の新型コロナウイルス患者から、これまで国内で見つかっていない変異を持つ変異株が確認されたと発表した。患者は回復しており、いまのところ蔓延(まんえん)の恐れはないという。

 市によると、今回確認された変異株は、英国型に特徴的な「N501Y」の変異に加え、一部のインド型にみられる「E484Q」の変異をあわせ持つ。欧州を中心に海外で150例ほど報告されているという。

 市は、N501Yの特徴である強い感染力や高い重症化リスクと、E484Qの特徴とされるワクチン抗体医薬の効果を弱める可能性の両方を持ちうるとしている。

 患者は50代男性で、5月17日に陽性が判明。海外渡航歴はなく、渡航歴のある人との接触もなかったという。男性の濃厚接触者は陰性だった。(鈴木春香)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]