6月も緊急事態下、もう要請従わない バー「客離れが」

有料会員記事新型コロナウイルス

岡本智 東谷晃平
[PR]

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言は1日、愛知県でも延長期間に入った。県は引き続き、飲食店に酒の提供自粛や午後8時までの営業、大規模商業施設に土日休業などを要請している。そのなかでも酒を提供して営業を続けているあるバーを訪ねた。(岡本智)

 1日午後5時前、名古屋市中区錦のバー。40代の店主が開店の準備を始めた。

 雑居ビルの一角にある。入り口は常に開放し、10人も座れば満席になるカウンターには、1席ごとのパーティション。カウンターを丁寧に消毒しながら、「延長延長ってそればかり。何回目の延長なんでしょう」とこぼした。

 愛知県は、5月12日に3度目の緊急事態宣言が適用され、県内全域の飲食店などに酒の提供を自粛したうえ、営業を午後8時までとするよう要請している。

 この店主は、その日、もう従わないことに決めた。

 「我慢の限界です」

 昨年4月に出された休業要請…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]