• アピタル

途上国のワクチン支援に8億ドル 首相が追加拠出表明へ

新型コロナウイルス

[PR]

 途上国向けの新型コロナウイルスワクチンを各国が共同調達する枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」に、日本政府は8億ドル(約876億円)を追加拠出する方針を固めた。日本が国際機関との共催で各国とコバックスへの増資策を話し合う国際会議が2日に開催予定。菅義偉首相がその場で表明する。

 国際会議はオンライン形式で開く。米国のハリス副大統領欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長ら、最大約40カ国の首脳・閣僚級が出席する方向で調整している。

 拠出済みの分と合わせると、日本の合計拠出額は米国の25億ドルに次ぐ、世界2位の10億ドルになる。

 会議では、日本が確保したワクチンのうち、国内で使わない分を他国に提供する用意があることも打ち出す方向で調整している。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]