踏切に倒れる高齢男性、迫る列車 高校生3人が動いた

有料会員記事

外尾誠
[PR]

 踏切内で倒れ、動けなくなった高齢男性を助け出したとして、福岡県大牟田市の高校生3人に1日、県警大牟田署から感謝状が贈られた。男性を踏切から引っ張り出した後、列車が通過しており、「救助がなければ男性はひかれていた」と同署。けが人はいなかった。

 3人は三池工業高1年の猿渡騰士さん(15)と笠間春さん(15)、西山文弥さん(15)。同署によると、3人は5月25日午後2時半ごろ、同市船津町にあるJR鹿児島線の踏切内で自転車ごと転倒し、動けなくなった80代男性を発見。遮断機が下りて列車が近づく中、男性の背中から両脇に手を回し、引っ張るような形で助け出した。自転車も外に出した。

 異変に気づいた時は「パニッ…

この記事は有料会員記事です。残り278文字有料会員になると続きをお読みいただけます。