市長室にシャワー室、市長「災害時に女性職員も使う」

大嶋辰男
[PR]

 千葉県市川市村越祐民市長は1日の会見で、市長室に設置されたシャワー室について、災害時に女性職員と市長が使うことになると述べた。

 シャワーは昨年10月、新庁舎の市長室からしか入れないトイレ内に設置された。市議や報道関係者向けの内覧会が終わった後に設置されていたために問題化。市川市議会は今年3月、シャワー室を撤去し、設置費と撤去費を市長が負担するよう求める決議を可決していた。

 この日の市長の説明によると、設置には必要性があり、このまま撤去はせずに災害時、夜通しの対応が必要な場合に市長室を女性職員専用の休憩室として使うとした。市長は危機管理室に詰め、そこから市長室に行ってシャワーを使用することになるという。

 運用の仕方については今後も検討するが、シャワーを市長及び女性職員が使用することは設置当初から考えていたことであり、使用目的が変更したわけではないとしている。(大嶋辰男)