夏の高校野球大阪大会、7月16日に開幕 初のシード制

甲斐江里子
[PR]

 第103回全国高校野球選手権大阪大会(朝日新聞社、大阪府高校野球連盟主催)の運営委員会が1日、大阪市中央区の府高野連で開かれ、開催日程が決まった。7月16日に開幕し、決勝は8月1日、大阪シティ信用金庫スタジアム(大阪市此花区)で行われる予定。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で選手権大会が中止され、独自の「府高校野球大会」だったため、開催されれば2年ぶりとなる。

 今大会は新型コロナ感染対策のため、開会式は実施しない。今夏は175校167チームが参加する見込みだ。今大会から初めてシード制が実施される。組み合わせ抽選会は6月28日、たかつガーデン(大阪市天王寺区)で行われる。

 1~3回戦は府内を南北に分け、同じ地区のチーム同士で対戦する。豊中(豊中市)、万博(吹田市)、住之江(大阪市住之江区)、花園(東大阪市)、シティ信金スタ、南港中央(大阪市住之江区)、久宝寺(八尾市)、くら寿司スタジアム堺(堺市中区)の8球場で試合がある。

 4、5回戦の組み合わせ抽選は7月23日に、準々決勝と準決勝の抽選は26日に実施する。

 今年度の府高野連加盟校は185校で、13校が計5チームの連合チームとして参加する。部員不足で島本、淀川清流、扇町総合、西、南、藍野、勝山、成美、平野、岬の計10校は不参加を決めた。また、柏原東は3月末に廃校になった。

 今大会から実施されるシード制では、春季近畿地区高校野球大会府予選で16強入りしたチームが2回戦から登場する。3回戦までシード勢同士は対戦しない。

 準決勝までは五~六回で10点差か、七回以降で7点差がつけばコールドゲームになる。決勝はコールドゲームを採用しない。また、決勝を含め延長十二回までに決着がつかない場合は、十三回からタイブレークを実施し、各回無死一、二塁から始める。

 検温や消毒などの感染対策を徹底し、球場の収容人数の5割などを上限に有観客で開催予定。入場料は一般1千円、中高生500円、小学生以下無料。開催日程は現時点のもので、新型コロナの感染状況によっては変更する場合がある。(甲斐江里子)

北地区82チーム(◎はシード校)

 大教大池田、旭、阿武野、池田、市岡、茨木、大冠、大手前、春日丘、交野、門真なみはや、門真西、北かわち皐が丘、北野、柴島、香里丘、桜塚、四條畷、渋谷、吹田、成城、摂津、千里、千里青雲、高槻北、槻の木、豊島、刀根山、豊中、寝屋川、野崎、東淀川、枚方津田、枚方なぎさ、福井、北摂つばさ、牧野、三島、港、箕面東、守口東、山田、緑風冠、大阪市立、◎桜宮、汎愛、東

 英真学園、追手門学院、◎大阪、大阪学院大、大阪国際大和田、大阪産大付、大阪青凌、大阪電通大、◎大阪桐蔭、開明、関西大倉、関西創価、関大一、◎関大北陽、金光大阪、常翔学園、常翔啓光学園、星翔、太成学院大、高槻、大商学園、◎東海大大阪仰星、同志社香里、◎箕面学園、箕面自由、履正社、◎早稲田摂陵

 淀商、大阪府大高専、茨木工科、西野田工科、淀川工科、都島工、大阪園芸

※以下は連合チーム

咲くやこの花・東淀工・大阪ビジネスフロンティア・生野工

南地区85チーム(◎はシード校)

 大教大天王寺、阿倍野、生野、和泉、泉大津、和泉総合、今宮、大阪教育センター付、◎大塚、鳳、貝塚、貝塚南、懐風館、河南、かわち野、岸和田、久米田、高津、金剛、堺西、堺東、佐野、狭山、信太、住吉、泉陽、大正白稜、高石、天王寺、登美丘、◎富田林、長吉、西成、伯太、花園、阪南、東住吉、東住吉総合、藤井寺、布施、布施北、松原、三国丘、みどり清朋、美原、◎八尾、八尾北、八尾翠翔、山本、夕陽丘、日新、岸和田産、◎堺

 上宮、上宮太子、大阪偕星、大阪学芸、◎大商大、大商大堺、星光学院、◎大体大浪商、◎近大付、近大泉州、◎興国、金光八尾、精華、清教学園、浪速、羽衣学園、初芝立命館、阪南大、◎東大阪大柏原、明星、桃山学院

 住吉商、今宮工科、堺工科、佐野工科、城東工科、布施工科、泉尾工

※以下は連合チーム

清水谷・茨田

泉鳥取・りんくう翔南

堺上・長野・福泉

藤井寺工科・大阪農芸