任天堂資料館、京都に23年度開業へ 花札工場を改装

橋本拓樹
[PR]

 任天堂は2日、同社の歴代の製品を展示する資料館を、京都府宇治市につくると発表した。花札などを製造していた宇治小倉工場を改装する。2023年度に開業予定で、同社がこうした施設をつくるのは初めて。「展示と体験を行う観光施設として集客を目指す」としている。

 「任天堂資料館(仮称)」の具体的な展示内容は未定だが、歴代の家庭用ゲーム機などが並ぶとみられる。

 宇治小倉工場は1969年に建設され、敷地面積は1万433平方メートル。過去にはファミコンやスーパーファミコンなどのゲーム機を造っていたこともあった。近年はトランプや花札の製造と、ゲーム機の修理などをしていたが、16年に同じ市内の宇治工場に業務を移管して役目を終えていた。

 同社は資料館の設置について、一帯の活性化を図りたい宇治市の意向も踏まえて決めたとしている。同市の担当者は「資料館ができればにぎわいが生まれて、周りの飲食店の活性化にもつながる。非常に望ましいことだ」と期待を込める。(橋本拓樹)