東京・立川の男女殺傷事件、関与疑いの少年の身柄を確保

[PR]

 東京都立川市のホテルで男女2人が刺され、女性が死亡した事件で、警視庁は2日午前、事件に関与したとみられる都内の少年(19)の身柄を確保した。捜査関係者への取材でわかった。死亡したのは派遣型風俗店の従業員の女性(31)=相模原市緑区=で、当時は接客中だった。腹を刺された男性も店の従業員という。同庁は殺人と殺人未遂の疑いで調べている。

 事件が起きたのは1日午後4時前。立川市曙町2丁目のホテルの客室で女性が刺され、直後に廊下で男性も刺された。女性は全身に約70カ所の傷があった。現場からは凶器とみられる包丁(刃渡り約20センチ)が見つかった。

 事件の直前、被害者らが勤める風俗店に男の声でサービスを求める電話があり、店は女性を派遣した。ホテルの防犯カメラには男が客室に入った後、女性が入室する様子が映っていた。その後、女性が店に「盗撮された」と連絡し、従業員の男性が客室に向かったという。

 警視庁によると、ホテルを出た男は電車でJR拝島駅東京都昭島市)まで移動し、その後バイクで逃げていた。