「陽子崩壊」観測でノーベル賞も 新型カミオカンデ着工

有料会員記事

石倉徹也
[PR]

 二つのノーベル物理学賞につながった素粒子観測施設の後継となる「ハイパーカミオカンデ」の建設が、岐阜県飛驒市で本格的に始まった。施設を山中につくるためのトンネル工事が5月上旬から始まり、28日に着工式があった。2027年に完成予定で、発見できればノーベル賞は確実とされる「陽子(ようし)崩壊」という現象の初観測などをめざす。

 ハイパーカミオカンデは、東京大宇宙線研究所が飛驒市神岡町に建設したカミオカンデとスーパーカミオカンデに続く3代目。山の地下650メートルに設置する施設は、直径68メートル、高さ71メートルの巨大な円筒形の水槽からなる。内側に26万トンの純水をたたえ、その周りを超高感度の光センサー約4万本が取り囲む。素粒子ニュートリノが飛来した際などに放つ微弱な光を捉え、宇宙の成り立ちの解明をめざすのが目的だ。

■水26万㌧たたえる巨大な空…

この記事は有料会員記事です。残り849文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら