いきものがかり山下さん、今夏めど脱退 2人で活動継続

有料会員記事

定塚遼
[PR]

作曲や執筆の道に

 人気3人組グループ・いきものがかりのメンバーでギター&ハーモニカの山下穂尊(ほたか)さんが、今夏をめどに脱退する。公式ホームページで2日、発表された。山下さんは表舞台に立つ芸能活動から離れ、作曲や執筆などの道に進むという。

 いきものがかりは、水野良樹さんと吉岡聖恵さんの2人で活動を続ける。3人でのステージは、6月10、11日の横浜アリーナ公演が最後になる予定。

 いきものがかりは、幼なじみだった山下さんと水野さんが1999年に結成した。ともに小学校の生き物係だったことがバンド名の由来。脱退は山下さんから申し出たという。

 脱退の理由について、いきものがかりは発表したコメントの中で「紆余(うよ)曲折の旅を続ける中で、音楽やグループに向ける気持ちが、山下と他の二人とで、少しずつ違うものになってきたことを感じていました」などと説明。「いきものがかりの活動や芸能の世界とは違う場所で、自分の人生を自由に模索してみたい。表舞台に立つ仕事とは違う道に進むことも幸せなのではないか」という思いが、山下さんの中で強くなったという。

 山下さんもコメントを発表…

この記事は有料会員記事です。残り520文字有料会員になると続きをお読みいただけます。