「組のもんじゃ」保健所に電話、入院を迫った疑いで逮捕

[PR]

 岡山県倉敷市保健所の新型コロナ部門に電話し、病床が逼迫(ひっぱく)する中で優先して入院させるよう脅したとして水島署は1日、山口組系の暴力団組員の男(50)=倉敷市北畝1丁目=を強要未遂の疑いで逮捕し、発表した。「事実は全然違う」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は5月14日夜、病気治療のためとして市保健所の「新型コロナウイルス感染症関連業務部門」に直接電話し、「倉敷市の病院はいっぱいだから岡山の町の病院に入院させてあげると(職員が)言った。組のもんじゃ。わし一人の体じゃねんじゃ。みな入院できるのを待っとんじゃ。もう引かんからな」と入院を迫ったというもの。保健所の担当者は年齢や体調、基礎疾患の有無などから入院の必要性を判断し、この申し出を断ったという。

 市保健所から18日に被害届が出され、水島署が捜査していた。