長崎の平和祈念式典、被爆者代表に過去最高齢の92歳

米田悠一郎
[PR]

 長崎に原爆が投下された8月9日にある長崎市の平和祈念式典で、今年の「平和への誓い」を読み上げる被爆者代表が、同市の岡信子さん(92)に決まった。看護学生だった16歳の時に被爆し、救護活動にもあたった経験を持つ。これまでで最高齢の被爆者代表だ。

 岡さんは1945年当時、大阪の看護師養成所の学生だった。空襲の激化で長崎の自宅に戻っていた時に被爆した。自宅は爆心地から1・8キロの距離にあり、左半身にガラスが刺さるけがを負ったが、市内の救護所に動員され、運ばれてきた負傷者たちの手当てにあたった。

 7年ほど前、新聞社の取材に応じ、当時の体験を話し始めた。長崎市内の大学で講話したこともある。岡さんは2日、被爆者代表に選ばれた後に会見し、「残された者の務めとして、最後まで私は訴えたい」と話した。

 「平和への誓い」は1970年の平和祈念式典から始まった。かつては市内の被爆者5団体が持ち回りで被爆者代表を推薦していたが、2017年から公募で選ばれている。今年は県内外の20人から応募があった。

 看護学生だった岡さんは、大阪から帰省中の1945年8月9日、爆心地から1・8キロの長崎市東北郷(今の住吉町)にあった自宅で被爆。ガラスが左腕や太ももに刺さり、けがをした。

 その後、市内の新興善国民学校に設けられた救護所に動員された。自身のけがよりも「目の前の人の看護を」と、運ばれてきた人の手当てに奔走した。だが、薬はなく「治療もできない状態だった」。背中についたウジを洗い流したり、遺体を運んだりした。

 戦後は、「被爆していない人たちに語っても嫌われる」と、娘にも被爆体験をほとんど語ってこなかった。7年ほど前、めいに体験を問われたり、新聞社の取材を受けたりしたのがきっかけで少しずつ、自身の体験を話すようになった。「これが残された者としての務め」と感じたからだ。

 平和への誓いに応募したのは、式典で何かに貢献したいという思いから。選ばれないだろうと半ばあきらめていたが、一報を聞いて涙があふれたという。

 今年1月には、核兵器を非人道的で違法と断じる核兵器禁止条約が発効した。記者会見で、条約を批准していない日本政府について記者が問うと、「被爆した私たちの思いが届かないんでしょうね」と憤った。

 選定審査会の長崎大の調漸(すすむ)会長は、選定の理由について「救護の現場を生々しくお話された」と述べ、全国へメッセージが届くことに期待を込めた。