サニブラウン「日本選手権2冠達成で五輪へはずみ」

有料会員記事

[PR]

 陸上男子100メートルの日本記録保持者、サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が5月31日(日本時間6月1日)、米フロリダ州で開かれた競技会で、今季初戦にのぞんだ。一昨年10月のドーハ世界選手権以来となるレースは、10秒25(追い風3・6メートル、参考記録)で予選落ちに終わった。大会後、今月24日からの日本選手権や東京五輪に向けての心境を代表取材に答えた。

 ――初戦を終えての感想と収穫は。

 長い間、走っていなかったので、とても新鮮な感じでした。ウォームアップなども久しぶりだったので、しっかり準備して気持ち良く走って、ケガがなければ今回はそれでいいのかなと思っていた。レース自体はあまり良くはなかったのかなと思うけれど、久しぶりに気持ち良く走れたので自分的にはプラスかなと思います。

 ――重心を高く保つ走りが課…

この記事は有料会員記事です。残り798文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら