五輪ボランティア、1万人が辞退 大会関係者数を初公表

[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は2日、競技会場などで活動する大会ボランティア約8万人のうち、約1万人が辞退したと明らかにした。理由は個別に聞き取っていないというが、「新型コロナウイルスの感染拡大に対する不安があるのは間違いない」と述べた。

 組織委によると、森喜朗前会長の女性蔑視発言があった今年2月ごろまでに約1千人が辞退していた。今春以降、辞退者が急増したという。五輪、パラリンピック両方で活動する人が約1万人おり、業務に大きな支障はないという。

 また、武藤事務総長は国内の大会関係者数(選手を除く)を初めて公表した。五輪は計19万人で、パラリンピックは計11万人。内訳は五輪が輸送や警備などのコントラクター12万人▽ボランティア5万4千人▽日本オリンピック委員会関係者や報道関係者などその他1万人▽組織委職員8千人。パラリンピックが▽コントラクター7万人▽ボランティア2万6千人▽組織委職員6千人のほか、日本パラリンピック委員会関係者や報道関係者。

 海外の大会関係者も含めると、五輪で計25万人、パラリンピックで計13万人が大会で活動する。