ドコモ「d払い」障害、1日失効ポイントを再発行

山本知弘
[PR]

 NTTドコモスマートフォン決済「d払い」で決済しづらいシステム障害があった問題でドコモは2日、障害発生日の1日に失効したdポイントについて、失効分と同額を6月中に再発行すると発表した。障害は1日正午過ぎから約10時間半続き、買い物ができないままポイントを失う利用者が出ていた。

 d払いはネットショッピングや店舗での買い物にかかるお金を月々の携帯料金と合算して支払うサービス。約3500万人が利用している。ドコモ以外の携帯を契約していても、クレジットカード払いで利用できる。

 失効ポイントの再発行はd払いを利用していない人も対象で、4年間の有効期限があるという。

 ドコモはシステム障害の原因について、決済データの急増にサーバーの処理が追いつかなかったためだとしている。(山本知弘)