被災者104人なお仮住まい 昨年7月の豪雨

中島健
[PR]

 【大分】昨年7月の豪雨で自宅が被災し、公営住宅などで生活する被災者が、5月31日現在で46世帯・104人いることが分かった。1月時点の143人からは減ったが、全員の生活の再建にはなお時間がかかりそうだ。

 県が1日、明らかにした。昨年8月に策定した復旧・復興計画の進捗(しんちょく)状況を発表したなかで、県営住宅や、民間の賃貸住宅を仮設住宅として扱う「みなし仮設住宅」などでの被災者の受け入れ状況をまとめた。

 地域別では日田市が29世帯・66人で最多。ほか九重町が11世帯・22人、由布市が3世帯・9人、玖珠町が2世帯・5人、大分市が1世帯・2人。

 みなし仮設住宅災害救助法の適用が条件で、入居期限は自宅が全壊した場合などが最長2年。県は県営住宅などの入居期限も2年に延長したという。

 熊本県南部を中心とした昨年7月の一連の豪雨では、大分県内で6人が犠牲になるなど甚大な被害が出た。(中島健)