石破氏「論理的につながらない」 二階氏発言を疑問視

山下龍一、笹井継夫
[PR]

 「政治とカネ」の問題をめぐり、自民党二階俊博幹事長が「ずいぶん政治とカネの問題はきれいになってきている」と発言したことについて、自民の石破茂元幹事長は2日のラジオ日本の番組で「(選挙に)かかるお金が少なくなったから『きれいになりました』では、論理的につながらない」と疑問を呈した。

 石破氏は衆院選で以前の中選挙区制度よりも現在の小選挙区制度の方が、選挙に必要なお金は少なくなったのが実感だとしたうえで、「金額が小さくても、カネで選挙を左右しようって人が根絶されたわけではない」と述べた。

 また、自民の岸田文雄政調会長も2日、テレビ朝日の番組で「国民の目は大変厳しい。甘く見てはならないと強く感じている。ぜひ幹事長にもしっかり受け止めて頂き、党の信頼回復にしっかりと努力をお願いしていきたい」と語った。(山下龍一、笹井継夫