首相「スポーツの力世界に」 コロナ禍で五輪、意義強調

[PR]

 菅義偉首相は2日夜、新型コロナウイルスが感染拡大するなかで東京五輪パラリンピックを開催する意義について、「五輪はまさに平和の祭典だ。一流のアスリートが東京に集まり、スポーツの力を世界に発信をしていく」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

 同日の衆院厚生労働委員会で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が「普通は(開催は)ない。このパンデミック(世界的大流行)で」と発言したことを受け、記者団がコロナ禍での五輪開催の意義をただした。尾身氏は、開催する場合でも規模の最小化が必要などとする見方を示した。

 首相は記者団に「(アスリートは)障害者も健常者も様々な壁を乗り越える努力をしている。そうした努力をしっかりと世界に向けて発信をしていく」と五輪開催の意義を説明。「そのための安心・安全の対策をしっかり講じてやっていきたい」とも語った。