将棋の藤井聡太二冠、B級1組順位戦で稲葉八段と対戦

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太二冠(18)=王位、棋聖=が3日、第80期名人戦・B級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の2回戦で稲葉陽(あきら)八段(32)との対局に臨んでいる。

 対局は定刻の午前10時、大阪市福島区関西将棋会館で始まった。先後は、あらかじめ決まっていて、先手は稲葉八段。持ち時間は各6時間。展開次第だが、通常なら終局は夜になる見通し。B級1組に所属する13棋士のうち、2回戦が空け番の木村一基(かずき)九段(47)を除く12棋士が、東京・将棋会館と大阪・関西将棋会館で一斉に対局している。

 藤井二冠は、5月13日の開幕1回戦では、前期はA級順位戦に参加した三浦弘行九段(47)と対戦。苦戦の将棋を逆転勝ちした。終局は翌日の午前0時26分だった。藤井二冠はこの勝利で、順位戦での連勝記録を歴代単独2位の22に伸ばした。歴代1位は森内俊之九段(50)の26連勝。藤井二冠の順位戦での連勝記録がどこまで伸びるかも注目される。

 対戦相手の稲葉八段は前期は…

この記事は有料会員記事です。残り433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら