医師ら3人、父親殺害の罪で起訴 ALS嘱託殺人事件

有料会員記事

原田達矢
[PR]

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者への嘱託殺人罪で起訴された2人の医師らが、10年前に一方の父を殺害していたとして、京都地検は3日、いずれも医師の大久保愉一容疑者(43)と山本直樹容疑者(43)を殺人罪で起訴した。山本容疑者の母・淳子容疑者(76)も共謀したとして同罪で起訴した。裁判員裁判で審理される。

 起訴状によると、3人は共謀して2011年3月5日正午~午後4時ごろ、東京都内で山本容疑者の父(当時77歳)を何らかの方法で殺害したとされる。京都府警や京都地検は、認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、父は長野県精神科の病院に長期入院していたが、11年3月5日午前に退院。同じ日に淳子容疑者の名前で東京都中央区役所に父の死亡届が提出された。江戸川区のアパートで心臓や血管の病気で急死したと記されていたが、入院していた病院の主治医から「(当時の健康状態は)死に直結するような病状ではなかった」という証言を得たという。

 大久保容疑者と山本容疑者は、19年11月にALSの女性患者に依頼され、薬物を投与して殺害したとして嘱託殺人罪で起訴された。

 府警が、押収したパソコンの通信記録を調べたところ、両容疑者が火葬や死亡診断書などをめぐるメールを交わしており、一部が淳子容疑者に転送されていたことが判明。山本容疑者と淳子容疑者の間のメールには、父の存在が「周囲を不幸にする」と記されていたことも確認したという。

「彼らの考え聞きたい」亡くなった女性の父

 難病の筋萎縮性側索硬化症(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。