対コロナ「平時と有事切り替えできず」 前厚労医務技監

有料会員記事新型コロナウイルス

聞き手・姫野直行
[PR]

 国際医療福祉大学副学長を務める鈴木康裕さんは、国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が出た2020年1月から、厚生労働省の医務技監として新型コロナ対策の指揮を執ってきた。日常生活を一変させた新型コロナだが、収束の兆しは見えず、長期戦となりそうだ。これまでの対策や今後の課題をどうみているのか、話を聞いた。

 ――日本の新型コロナ対策をどのように評価していますか。

 プラスもマイナスもあった。ただ、国民のみなさんが思っているほど、日本の対策はボロボロではなかったと思っている。

 ――プラスの部分は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]