• アピタル

官房長官「感染対策に全力」 尾身氏「五輪最小限」で

[PR]

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が東京五輪を開催する場合、「規模を最小化し、管理態勢を厳格化すべきだ」との考えを示したことについて、加藤勝信官房長官は3日の記者会見で、「政府としては新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に全力を尽くす」と述べた。

 加藤氏は、来日する大会関係者の削減要請や、大会関係者と国民との接触を防止するための行動管理などの対策を進めていることに言及し、「引き続き東京都をはじめ主催者と緊密に連携しつつ、政府として大会の準備に向けてしっかり取り組みたい」と語った。

 さらに加藤氏は、分科会の専門家から感染拡大の影響評価など開催についての提言が今後出された場合の政府対応を問われると、「それぞれの組織はそれぞれの目的に応じて設置されている。大会における感染対策については感染症の専門家も含めて具体的な議論が積み重ねられてきており、引き続き専門家の知見も踏まえながら具体的な感染対策を講じたい」と述べた。