国民・玉木氏、尾身氏は「科学者として誠実に答弁」

鬼原民幸
[PR]

 国民民主党玉木雄一郎代表は3日の記者会見で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が東京五輪の開催に疑問を呈したことについて、「学者として誠実に答弁された」と評価した。開催に伴うリスクについて、早急に専門家による検証をすべきだと改めて求めた。

 尾身氏は2日の衆院厚生労働委員会で、五輪について「普通は(開催は)ない。このパンデミック(世界的大流行)で」とし、開催するにしても規模を最小限にするべきだと述べた。また「そもそも五輪をこういう状況のなかで何のためにやるのか。それがないと、一般の人は協力しようと思わない」とも語った。

 玉木氏はこうした尾身氏の発言について、「学者として、科学に基づく客観的な判断だ」としたうえで、「専門家からみれば、感染拡大の可能性が高いなかで(五輪を)開くことは考えられないのは当然だ」と指摘。「政府と組織委員会は、安全で安心な五輪が可能なのか、今からでも速やかに検証すべきだ」と訴えた。鬼原民幸