たくさん作ってアレンジを楽しむ 冷凍ちらしずしのもと

有料会員記事

前田朱莉亜
写真・図版
ちらしずし=合田昌弘撮影
[PR]

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

ごはんラボ ちらしずし

 冷凍を学ぶシリーズ、最終回はちらしずしです。

 複数の材料を煮て具を作るちらしずしは、普段の食卓にはなかなかのりづらいかもしれません。でも、時間のあるときに具を多めに作って冷凍しておけば、いろいろなアレンジメニューも楽しめます。

 少しでも手軽にできるよう、今回は具材を3種類におさえました。レシピの分量ではだし汁が少ないように見えても、生シイタケから水分が出てくるのでご安心ください。ニンジンも5分ほどでやわらかくなります。

 酢飯を具と混ぜるときに大切なのが、ご飯の温度です。熱々でないと汁気を十分に吸わず、水っぽくなってしまいます。炊きたてが望ましいですが、保温したご飯を使うときは、電子レンジで少し加熱しましょう。

 ご飯にのせる錦糸(きんし)卵も冷凍でき、絹さやの代わりに三つ葉やのりを使ってもおいしいです。具を混ぜた酢飯を甘く煮た油揚げで包めば、いなりずしの完成です。(前田朱莉亜)

ちらしずし

材料・2人前 料理監修:料理研究家・渡辺あきこさん

【ちらしずしのもと・2人前×4回分】

□ ニンジン 180g

□ 生シイタケ 8枚

□ ちくわ 小3本(100g)

□ だし汁 1と1/4カップ

【ちらしずし・2人前】

□ 熱々のご飯 1合分(320g)

□ ちらしずしのもと 1回分

□ すし酢(酢大さじ2、砂糖小さじ2、塩小さじ1/2)

□ 錦糸卵 適量

□ 絹さや(ゆでてせん切りにしたもの) 6枚分

①【ちらしずしのもと】ニンジンは皮をむき、長さ3cmの細切り。軸を切った生シイタケとタテ半分に切ったちくわを薄切りに。

 …

この記事は有料会員記事です。残り1066文字有料会員になると続きをお読みいただけます。