関西エアポート、初の赤字転落 国際線旅客が99%減

有料会員記事

筒井竜平箱谷真司
[PR]

 関西、大阪(伊丹)、神戸の3空港を運営する関西エアポートが3日発表した2021年3月期決算は、最終的なもうけを示す純損益が345億円の赤字(前年は335億円の黒字)に転落した。通期の赤字は、16年4月に国から関西、伊丹の運営を受け継いで以来初めて。業績を牽引(けんいん)してきた関空国際線が、コロナ禍で打撃を受けたことが響いた。

 売上高は前年比73%減の572億円、本業のもうけを示す営業損益は428億円の赤字(前年は524億円の黒字)だった。

 3空港のうち関空の国際線は近年、インバウンド訪日外国人客)の増加で旅客数が右肩上がりだった。それがコロナによる移動制限の影響で急減した。ピークだったコロナ禍前の19年3月期の2289万人に対し、21年3月期は99%減の21万人。関空の旅客数で約8割を占めた国際線需要が吹き飛んだ。運休も相次ぎ、発着回数は前年比78%減の3万1千回だった。

 国内線も厳しく、関空全体の旅客数は前年のわずか8%、226万人にとどまった。伊丹と神戸の旅客数は、ともに前年比6割減となり、それぞれ581万人と121万人だった。

 結果として、着陸料などの航空系収入は77%減の207億円。直営の免税店は多くが休業し、テナント料なども含めた非航空系収入は71%減の365億円だった。賞与カットなどコスト削減を進めたが、急激な減収には追いつかなかった。

 財務も悪化しており、現預金…

この記事は有料会員記事です。残り633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら