• アピタル

「目黒のさんま祭り」 2年連続中止に 東京コロナ情報

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都内の新型コロナウイルス関連情報(3日、自治体などの発表による)

 【江東区

 高齢者のワクチン接種予約を手助けするため、文化センターや区役所など8カ所に相談窓口を設置した。4~14日の平日の午前9時半~午後0時半、同1時半~4時半に受け付ける(施設によって休館日は異なる)。

 【品川区

 目黒駅前商店街振興組合(品川区)は、JR目黒駅前で9月12日に予定していた「目黒のさんま祭り」の中止を発表した。落語「目黒のさんま」にちなんで毎年開催していたが、2年連続の中止となる。

 【目黒区】

 一方、目黒区で「目黒区民まつり」の一環で開催する「目黒のさんま祭」は今のところ、10月10日に実施する予定だという。

 【中央区】

 ワクチン接種券を60~64歳の区民に15日、60歳未満で基礎疾患がある人や高齢者施設の職員らに9日と23日にそれぞれ発送する。到着し次第、予約ができる。

 接種の開始予定日は、60~64歳が17日、基礎疾患のある人らは11日。一般の人の接種券は今月下旬の発送に向けて準備している。

 一方、個別接種について、新たに区内の46医療機関を追加し、計74カ所になった。医療機関の一覧は区のホームページで更新。3日から予約ができ、7日から接種を受けられる予定。

 また、薬剤師会の協力で区内81カ所の薬局で7日から、ワクチン接種全般の相談を受けたり、予約を代行したりする支援を始める。参加する薬局では、「新型コロナワクチン接種支援薬局」と書かれたステッカーを店頭に表示する。

 【千代田区

 区は3日、5月24日に始まった65歳以上のワクチンの集団接種で、区内5カ所の接種会場でのキャンセルが8日間で計19件、1日平均で2・4人だったと発表。総接種者数に占める割合は0・7%。キャンセル分は、保健所職員らに接種し、ワクチンの廃棄は発生していないという。

 【港区】

 5月31日に教職員1人の感染が判明した区立小学校で、児童と教職員135人にPCR検査を行ったところ、新たに児童13人と教職員1人の感染が確認された。濃厚接触者には個別に連絡し、2週間の自宅待機を要請。小学校の授業は今月11日まで、全学年ともオンラインで行う。

 みなとリサイクル清掃事務所の職員1人の感染を確認。区民との接点がない業務だという。濃厚接触者もいないため、同事務所は通常通り運営する。

 1日までに職員3人の感染が判明していた私立認可保育園で、新たに児童2人の感染を確認した。この保育園は3日まで臨時休園をしていたが、4日から運営を再開する。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]