学校向けチケット、キャンセル受け付け 東京五輪・パラ

[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで子どもたちに割り当てられている「学校連携観戦チケット」について、大会組織委員会などが、自治体を通じて学校からのキャンセルを受け付けていることが分かった。

 複数の大会関係者への取材で分かった。参加校数を確定させる作業の一環で、コロナ禍を受けた学校の状況を考慮する。キャンセルは今月下旬まで受け付けるという。

 学校連携チケットは、開催都市の東京都東日本大震災の被災地の小、中学校などの児童や生徒が対象で、延期前の時点で五輪で60万枚、パラで68万枚の申し込みがあった。価格は500~2020円で、会場への移動は公共交通機関を原則としていた。

 大会での観客上限は月内に確定することになっており、関係者によると、学校連携チケットの扱いは上限次第で変わる可能性があるという。