• アピタル

尾身氏「パンデミックの中で五輪やるのは普通ではない」

新型コロナウイルス

田伏潤
[PR]

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は3日の参院厚生労働委員会で、東京五輪感染対策について、「スタジアム内の感染対策はプレーブックでしっかりやろうとしている。ある程度制御するのは可能だ」と述べた一方で、「それだけでは、ほとんど意味がない」と指摘した。観客の移動によって感染拡大のリスクが高くなるとして、対策の強化を求めた。

 立憲民主党の打越さく良氏の質問に答えた。大会での感染対策は「プレーブック」で選手や関係者の行動を定めているが、観客らが集まることに伴うリスクを指摘した。

 尾身氏は「本来は、パンデミック(世界的大流行)の所で(五輪を)やるのは普通ではない。やろうとするのなら、強い覚悟でやってもらう必要がある」と述べた。「規模をなるべく小さく」との考えも改めて主張した。

 また、五輪開催のリスクについての考えを分科会の専門家らとともに早い時期に明らかにする方針を明言。「感染のリスクや医療逼迫(ひっぱく)への影響について、評価するのはプロフェッショナルとしての責任だ」とした。考えの表明先は分科会とするのか、大会組織委員会とするかなどを検討していると述べた。(田伏潤)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]