手塚治虫文化賞贈呈式 山下和美さん、受賞信じていない

有料会員記事

[PR]

 第25回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)の贈呈式が3日、東京・築地の朝日新聞東京本社であった。マンガ大賞「ランド」の作者山下和美さんに鉄腕アトムのブロンズ像と副賞200万円が、新生賞の「葬送のフリーレン」原作担当の山田鐘人さんと作画担当のアベツカサさん、短編賞の「消えたママ友」「妻が口をきいてくれません」の野原広子さん、特別賞の「鬼滅(きめつ)の刃」の吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さんにはブロンズ像と100万円が贈られた。

 野原さん以外の受賞者は、代理が出席。式は新型コロナウイルス感染防止のため、例年よりも規模を縮小し、関係者のみで開かれた。

 式では受賞者や関係者が喜びを語った。

 「この世」と呼ばれる封建的な村で育った少女たちの歩みを描いた「ランド」でマンガ大賞を受賞した山下和美さんのあいさつを、講談社モーニングの小松悠真副編集長が代読。「新連載の原稿の締め切りを勘違いし、大変修羅場になってしまい、式に来られなくなってしまいました。本当に申し訳ない。衣装まで用意していたのに。出席したかったんですよ。受賞したことを全然信じていないから」とユーモアたっぷりに喜びを表現した。

 過去に手塚作品の「火の鳥」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。