阿波海南駅、甲浦駅はバス停に 阿佐鉄DMV営業開始時

福家司
[PR]

 徳島、高知両県にまたがる第三セクター阿佐海岸鉄道(本社・徳島県海陽町)が営業開始の準備を進める道路と線路の両方を走るDMV(デュアル・モード・ビークル)で、鉄道とバスのモードを変換する施設がある、阿佐東線の起終点の阿波海南(海陽町)、甲浦(高知県東洋町)両駅は利用客が乗降できないため、「信号場」扱いとなる。

 DMVは線路を鉄道モードで走ってきて信号場でバスモードに切り替えた後、専用道路で地上に下り、駅前にあるバス停で乗降させる。バスから鉄道へのモード変換もバス停で乗降を済ませた後、信号場で行う。

 そのため、阿波海南、甲浦両駅は「バス停」となるが、バス停名はそれぞれ「阿波海南駅」「甲浦駅」とする。DMVの鉄道運賃はバス停ではなく信号場を基準に計算されるため、信号場とバス停間は無料となる。

 阿波海南駅にはJR牟岐線も発着しており、JR駅としては残り、信号場になるのは阿佐鉄の施設のみ。阿佐鉄の途中駅の海部、宍喰(ともに海陽町)は新たにDMV専用の乗降ホームが設けられているため、これまで通り駅となる。(福家司)