「何があったか知りたい」 ALS事件被告医師ら起訴 

有料会員記事

白見はる菜、高木智也、山本逸生、原田達矢
[PR]

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者への嘱託殺人罪で起訴された2人の医師らが、10年前に一方の父を殺害していたとして、京都地検は3日、医師の大久保愉一(よしかず)容疑者(43)と山本直樹容疑者(43)を殺人罪で起訴した。山本容疑者の母・淳子容疑者(76)も共謀したとして同罪で起訴した。地検は認否を明らかにしていない。元同僚医師らは、裁判員裁判での真相解明を見守る。

 起訴状によると、3人は共謀して2011年3月5日正午~午後4時ごろ、東京都内のアパートの部屋などで山本容疑者の父(当時77)を何らかの方法で殺害したとされる。地検は「3人とも殺意があった」とした一方、殺害したとする方法や、実行者を含む役割分担などについては「公判前なので、現段階では回答を控える」などとし、明らかにしなかった。

 捜査関係者によると、父は長野県精神科の病院に長期入院していたが、11年3月5日午前に退院。同じ日に淳子容疑者の名前で東京都中央区役所に父の死亡届が提出された。江戸川区のアパートで心臓や血管の病気で急死したと記されていたが、入院していた病院の主治医から「(当時の健康状態は)死に直結するような病状ではなかった」という証言を得たという。

 府警が押収した大久保容疑者と山本容疑者のパソコンの通信記録などから、両容疑者が火葬や死亡診断書などをめぐるメールを交わしており、一部が淳子容疑者に転送されていたことが判明。山本容疑者と淳子容疑者の間のメールには、父の存在が「周囲を不幸にする」と記されていたことも確認したという。

 父の遺体は解剖を経ずに火葬されており、死因や死亡時の状況などを検証することはできず、立証の壁は高い。地検は事件前のメールのやりとりや当日の足取り、関係者の証言などを積み重ねることでクリアできると判断したとみられる。

 大久保容疑者と山本容疑者は19年11月、ALSの女性患者宅を訪れ、依頼を受けて薬物を注入し、殺害したとして、昨年8月に嘱託殺人罪で起訴された。海外での「安楽死」を望む別の難病患者の診断書2通を偽造したとする有印公文書偽造罪でも起訴され、京都地裁公判前整理手続きが進められてきた。

 今回の殺人罪は裁判員裁判の…

この記事は有料会員記事です。残り797文字有料会員になると続きをお読みいただけます。