G7保健相会合、英で始まる 情報共有など合意の見通し

有料会員記事新型コロナウイルス

ロンドン=金成隆一
[PR]

 主要7カ国(G7)の保健相会合が3日、英南部オックスフォードで2日間の日程で始まった。新型コロナウイルスのワクチン供給が先進国などに偏り、低所得国でワクチン不足が続く中、G7に更なる行動を求める声は強まっている。

 会合は対面式。議長国の英国によると、多くの感染症でウイルスが動物から人間にうつっているとされることから、新たな感染症の流行を防ぐため、動物の健康状態や自然環境の異変を早期につかむ国際協力などを話し合う。異変を検知する方法など、情報共有することに合意する見通し。

 ハンコック英保健相は3日の声明で「各国で情報を収集、分析、共有する能力を向上させ、病気を未然に防ぐための迅速な連携を実現したい。全員の安全が確保されるまで、誰も安全にならない」と述べた。

 英国は、英製薬大手アストラ…

この記事は有料会員記事です。残り567文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]