ワクチンの数合わず気づく 89歳男性に2日連続で接種

新型コロナウイルス

白石昌幸
[PR]

 鹿児島市は3日、市内の老人ホームの入所者の男性(89)が、誤って2日連続で新型コロナウイルスワクチンの接種を受けたと発表した。男性は認知症で、これまでの経過観察では体調不良はないという。

 市感染症対策課によると、2日午後3時~同4時ごろ、市内の住宅型有料老人ホームの食堂ホールで、同ホームの協力医療機関の医師が予診を行い、看護師4人で接種を実施した。

 この日に接種を受ける入所者らは18人で、ワクチンの残りが6回分となった時点で、接種を受ける人が7人残っていた。確認したところ、89歳の男性が前日にも接種を受けていたことが判明。食堂ホールは施設内の人は出入り自由で、接種の際の本人確認が不十分だったという。(白石昌幸)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]