日本最古の観覧車の遊園地がピンチ 資金募る

有料会員記事

阿部浩明
[PR]

 日本最古の観覧車などレトロな遊具が人気の函館公園「こどものくに」(北海道函館市青柳町)が、苦境に立たされている。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが激減し、遊具の修繕やスタッフの雇用もままならない。「子どもの思い出づくりの場を守りたい」と、インターネットのクラウドファンディング(CF)で資金を募っている。

 こどものくには1956(昭和31)年に開園。観覧車は50年に七飯町の大沼湖畔に設置され、65年にこどものくにに移設された。古希を過ぎた今も現役で回り続け、人気のアトラクションだ。一昨年には国の登録有形文化財になった。

 昨年は新型コロナ緊急事態宣言を受けて、年間収益の多くを占める春の大型連休中に休園を余儀なくされた。来園者は年に15万人ほどだが、昨年は推計9万人と4割も落ち込み、売り上げはここ10年で最低になった。

 今年も5月16日からの緊急…

この記事は有料会員記事です。残り514文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら