銃向けられるか、逡巡する若者も 前学校長がみた防衛大

有料会員記事

聞き手・小村田義之
[PR]

 東京湾を望む高台にある防衛大学校神奈川県横須賀市)。陸海空の自衛隊幹部を養成する「士官学校」の性格を持ち、戦前の反省から、学校長の多くは民間人が登用されてきた。慶応大学の中国研究者を経て、2012年から今春まで9年間、学校長を務めた国分良成さんもその一人。防大で何を見てきたのか。

 ――学校長として、日々何を感じてきましたか。

 「防大に来る前は、教育というものについて日常的に考えたことが、あまりなかったんです。ところが防大では、毎日毎日、『教育とは何か』『どういう人材を育てるか』という議論の連続でした。20年後、30年後の国と国民を守り抜き、平和を築く。そういう志を持った人間を育てなければならないですから」

1953年生まれ。慶応大学で法学部長、東アジア研究所長などを歴任。専門は現代中国論。著書に「中国政治からみた日中関係」など。

 ――学生たちは入学した時から志を持っているものですか。

 「元々は普通の若者だと思います。国防に関心のある人もいれば、経済的に親孝行したい、という人もいる。『え、自衛隊に行かなくちゃいけないんですか』というのもいます」

 「卒業を前にしたある学生に『防大は普通じゃない学校ですよね』と言われました。なぜ、と聞くと『あまりに厳しくて、みんな一度は辞めようと思う学校です。でも、そこを乗り越えるんです』と返ってきました。確かに一般の大学では、そんなことはあり得ないですね」

記事の後半では、安倍政権下で成立した安保法の学生への影響や、今後の日米中の関係について聞きました。

8キロの海上遠泳、最初の関門

 ――どういうことでしょう。

 「防大は、大学であると同時…

この記事は有料会員記事です。残り2946文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら